【Part2】Xウイング・ファイター ポー専用機 ビークルモデル 003 【スターウォーズ プラモデル】

ビークルモデル 003 Xウイング・ファイター ポー専用機 (VEHICLE MODEL 003 POE'S X-WING FIGHTER)
キットの解説、完成にいたる制作過程についてレポートします。
この第二弾で完成となります。

制作工程

スミ入れ・ウェザリング

今回、ウェザリングカラーを使用して、スミ入れとウェザリングを同時に行いました。
不要な塗料のふき取りと、全体の色合いの調整を同時に行います。

下地が黒のため、ウェザリングカラーのマルチグレーを使用しました。

f:id:yamatowwiw:20171005225630j:plain

f:id:yamatowwiw:20171005225632j:plain

全体的に、白っぽく汚れた感じになりました。
ウェザリングとは元々汚れ表現なので、まあ合っているのですが。
f:id:yamatowwiw:20171005225631j:plain




マーキング

付属シールを貼っていきます。
組み立てた状態だとシールが貼れませんので、一旦分解し、シールを貼っていきます。

f:id:yamatowwiw:20171005225633j:plain

f:id:yamatowwiw:20171005225634j:plain

エンジン部分の前面のシールですが、曲面に貼っているためどうしてもシワなく貼ることができません。
また、船首横のシールは下地のモールドのため、モールドがいい方向には働かず、凸凹していまっているように見えてしまいます。
f:id:yamatowwiw:20171005225635j:plain

でも、やっぱりカッコいい!
f:id:yamatowwiw:20171005225636j:plain

再ウェザリングからの仕上げ

シールを貼った後に、ウェザリングマスターを使って汚れの調整を行います。
使用するのは、ウェザリングマスターのブラック(スス)です。

f:id:yamatowwiw:20171005225637j:plain

デカールを貼った状態だと、オレンジのデカールが浮いてしまいますので汚すことで周囲になじませます。

完成です。
f:id:yamatowwiw:20171005225639j:plain

f:id:yamatowwiw:20171005225638j:plain

一手間加えるなら

f:id:yamatowwiw:20171014214603j:plain
時間のある方は、先に書いたようにシールでは厳しいエンジン部分の曲面をシールではなく、塗装されてはいかがでしょうか。
よりグレードアップすると思います。

最後に

まあ、とにかくカッコいいです。
シールが多少厳しいところがありますが、それを差し引いてもカッコいいです。
レジスタンス仕様のXウイングとならべて飾りたくなります。
スター・ウォーズ次回作でも活躍する機体なので、ぜひ作っておきたいですね。

この工程で使用したツール

  • Mr.ウェザリングカラー マルチグレー
  • Mr.ウェザリングカラー専用うすめ液


以上のツールを使用しました。