【Part1】タイストライカー ( Uウイング・ファイター セット) 【スターウォーズ プラモデル】

Uウイング・ファイター & タイストライカー (U-WING FIGHTER & TIE STRIKER)
キットの解説、完成にいたる制作過程についてレポートします。
今回は、キット中のタイストライカーを制作します。
第一弾記事となります。

キットの概要

f:id:yamatowwiw:20171005224440j:plain

名称(日本語) Uウイング・ファイター & タイストライカー
名称(英語) U-WING FIGHTER & TIE STRIKER
スケール 1/144
シリーズ ローグ・ワン
発売日 2017/2
価格(税込) ¥2,376
キット数 3
マーキング シール:1、水転写デカール:1

ローグ・ワンに登場する、帝国軍のタイストライカーと反乱軍のUウイングファイターがセットになった製品です。
反乱軍と帝国軍のセットという異色の組み合わせになっています。
この他に、帝国軍のコンバット・アサルト・タンクが2台も付属しています。
合わせて飾ることで、ジオラマが完成するそんな、面白いキットになっています。

スケールは1/144なのですが、同スケールのXウイングやタイ・ファイターに比べるとかなり大きいです。

キット構成

f:id:yamatowwiw:20171005224441j:plain
キットは6つのパーツ群とシールのセットです。うち2パーツ群は土台なので、実質4パーツ群です。
グレー成型のパーツの一部がタイ・ストライカー用パーツとなります。
(コクピットの黒のパーツが一つだけあります。)

マーキングは、水転写デカールとテトロンシールがそれぞれ1枚付属しており、選択して貼ることが可能です。

制作工程

切り出し・組み立て

ストライカー用のパーツは、12個しかありませんのであっという間に組み立てが完了します。

f:id:yamatowwiw:20171005224443j:plain

羽には多数の細かいモールドがこれでもかと彫られています。






塗装について考えてみる

このタイ・ストライカーですが、翼部分がグレーの一色成型となっています。
本当は、黒とグレーの2色が正解ですので、どのように対応するか考えます。

以前の記事で、タイ・ファイターの翼の色をグレーの下地のパーツに黒で墨入れすることで、なんちゃって塗装を簡単に行うことができました。

f:id:yamatowwiw:20171005224447j:plain

詳しくはこちら

今回も、同じように、パーツに墨入れしてみます。

f:id:yamatowwiw:20171005224448j:plain

う〜ん、うまく色がのりません。

スミ入れでのなんちゃって塗装は断念します。

本ブログでは、簡単仕上げで完成まで持っていくというコンセプトのため、基本的には全面塗装は行っていません。

ですが、あまりにも目立つ場所なので、このままというわけにいきません。

やむなく、普通に塗装することにします。

塗装の順番とマスキング

塗装工程の順番は以下のようになります。

  1. 黒で全体塗装
  2. 黒のままとする箇所をマスキング
  3. グレーで塗装
塗装(ブラック)

パーツに持ち手を取り付けます。
f:id:yamatowwiw:20171014153315j:plain

中心となる本体部分はグレーなので、わざわざ黒に塗ってさらにグレーに戻す必要はないでのすが、周囲のパーツと色味が変わってしまうことが懸念されます。翼と同じように、ブラックで塗装しさらにグレー塗装することにします。

f:id:yamatowwiw:20171014153316j:plain
ブラックでの塗装ができました。
水性ホビーカラー H2 ブラックを使用しています。

マスキング

f:id:yamatowwiw:20171014153317j:plain

細かいマスキングテープを切り出して、敷き詰めていく方法ありますが、今回は大きめのマスキングテープを貼り、パーツの上から大胆に切り抜くことにします。

f:id:yamatowwiw:20171014153318j:plain

しっかりとパーツの溝に合わせてデザインナイフを滑らせて切り取っていきます。

それてしまうとパーツに傷をつけることになりますので、集中力を持って作業を行う必要があります。

幸い大きな失敗はなく、マスキングを行うことができました。

f:id:yamatowwiw:20171014153319j:plain

最後に

今回の記事は、ここまでです。

マスキングテープのカット作業は、ほんと集中して作業を行ってください。

次回は、グレーの塗装、スミ入れを行い仕上げて行きます。

この工程で使用したツール

  • ニッパー:タミヤ 薄刃ニッパー
  • デザインナイフ:タミヤ モデラーズナイフ
  • やすり:スティックやすり
  • Mr.ウェザリングカラーマルチブラック
  • マスキングテープ
  • 水性ホビーカラー H2 ブラック

以上のツールを使用しました。