スター・デストロイヤー ビークルモデル 001 【スターウォーズ プラモデル】

ビークルモデル 001 スター・デストロイヤー (VEHICLE MODEL 001 STAR DESTROYER)
キットの解説、完成にいたる制作過程についてレポートします。

キットの概要

f:id:yamatowwiw:20171105075445j:plain

名称(日本語) スター・デストロイヤー
名称(英語) STAR DESTROYER
スケール スケール表示なし
シリーズ EPISODE IV / V / VI
発売日 2016/4
価格(税込) ¥648
キット数 1
マーキング シール:0、水転写デカール:0

だれもが知っている帝国軍のスター・デストロイヤーです。
スター・デストロイヤーには種類が沢山あるのですが、その中でもインペリアル級スター・デストロイヤーと呼ばれる最もメジャーな機体です。

スケールの記載はありませんが、どれほどのものか計算してみます。
スター・デストロイヤーの全長はなんと、1600mと言われています。

このキットの全長は約11cmですので、
1600m×100÷11cm=14545

1/14545スケールって、すごくないですか?

逆に、1/144スケールでプラモデルを作るとしたらどのくらいのサイズになるでしょう。

1600m/144=11m

11メートルって。

もはや、映画のセットですね。

キット構成

f:id:yamatowwiw:20171105075446j:plain
キットは5つのパーツ群で、とシール・デカールは付属しません。1パーツ群は土台なので、実質4パーツ群です。
うすいグレーの一色成型となっています。
説明書は、付属しておらず外箱の裏側に印刷されています。

f:id:yamatowwiw:20171105075447j:plain
小さなパーツに、精巧なモールドが彫り込まれています。

制作工程

切り出し・組み立て

f:id:yamatowwiw:20171105075448j:plain
切り出し・組み立て工程ですが、数えるほどしかパーツはなく、あっという間に組み上がってしまいます。

スナップフィットの特性上、パーツ間に隙間ができる場合があります。
このスター・デストロイヤーは後で分解することもありませんので、流し込み接着剤で接着し隙間ができないようにしました。




下地用のコート

後ほど行うウェザリングのノリを良くするために、Mr.スーパークリアー・つや消しを吹いています。

f:id:yamatowwiw:20171105075449j:plain

f:id:yamatowwiw:20171105075450j:plain

f:id:yamatowwiw:20171105075451j:plain

f:id:yamatowwiw:20171105075452j:plain

ウェザリング兼スミ入れ

f:id:yamatowwiw:20171105075453j:plain
ウェザリングカラーマルチブラックと、マルチグレーを混ぜたもので、ウェザリング兼スミ入れを行います。

f:id:yamatowwiw:20171105075454j:plain

ウェザリングカラーをふき取り完成です。

完成

f:id:yamatowwiw:20171105075455j:plain

f:id:yamatowwiw:20171105075456j:plain

f:id:yamatowwiw:20171105075457j:plain

f:id:yamatowwiw:20171105075458j:plain

f:id:yamatowwiw:20171105075459j:plain

f:id:yamatowwiw:20171105075500j:plain

f:id:yamatowwiw:20171105075501j:plain

最後に

すごくよくできています。とにかくカッコいい。

簡単仕上げでこの存在感はすごいです。

背景などもう少し整えて今度きれいに撮影してみたいと思います。

この工程で使用したツール

  • ニッパー:タミヤ 薄刃ニッパー
  • デザインナイフ:タミヤ モデラーズナイフ
  • やすり:スティックやすり
  • 接着剤:Mr.セメントS 流し込みタイプ
  • Mr.スーパークリアー・つや消し
  • Mr.ウェザリングカラーマルチブラック
  • Mr.ウェザリングカラー マルチグレー
  • Mr.ウェザリングカラー専用うすめ液

以上のツールを使用しました。