コンセプトはパチ組で簡単フィニッシュ!

経緯

このサイトのコンセプトですが、ずばり、「パチ組で簡単フィニッシュ!」です。

プラモデルなんてものは、凝ろうと思えば、時間をどれだけでも使えてしまう魅惑のアイテムなのです。

ですが、現代、時間を好きなだけ使える人は少ないのではないでしょうか。

他にも、勉強・仕事・ゲーム・映画・ネット・飲み会・デート・・・。
やるべきこと、やりたいことが多すぎ!じ、じかんがない!

しかも、新しいモデルがどんどん発売になり、複数のシリーズに興味がある人には追いつくのも大変で、所謂「積みプラ」状態になりかねません。

欲しい。

いつか絶対作るので買う!

時間がない。

新しい出たのも欲しい。

と開封されない箱が積み上がっていくことを「積みプラ」と呼びます。
「積みゲー」の親戚です。

私自身もこの状況になり、なんとか打開すべく、これから「パチ組で簡単フィニッシュ!」を実践します!

今回の目標

今回のスタートは、9月17日からプラモデル13箱からの挑戦です。
全てスターウォーズのビークル(1体のみR2D2です)です。

現在購入できるバンダイの1/144モデルの全てと、同スケールだと思われるビークルモデルをまとめて購入しました。

目標ですが、次回の映画(スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ)公開日である12月15日までにできるだけ多くのモデルを完成させたいと思っています。

10体くらいいけるかなぁ。

基本ポリシー

いくら簡単にといっても、組み立てて終わり。なんてしません。
プラモデルに対して失礼です。
最終的には、納得できる仕上がりまで持っていきます。

基本的には、以下の方針で作成します。

  • 改造は一切行わない。
  • 基本塗装は行わない。

この2点を守ることで、かなりの時間短縮になります。
この2点を行わないことをここでは、「パチ組」と読んでいます。

制作工程

パチ組の制作工程は以下のようにしたいと思います。

  • パチ組
  • トップコートを吹く(小さいパーツは省略)
  • スミ入れ
  • ウェザリングカラーでウェザリング
  • ウェザリングマスターでウェザリング
  • デカール・シール
  • 保護用トップコートを吹く

スターウォーズのモデルの場合、スミ入れ・ウェザリングの工程が一番楽しそうです。
ですので、この部分に一番時間を割きたいと思っています。

最後に

途中経過とともに、困った点や工夫した点などあれば記載していきたいと思います。
是非時間の無い方の参考になればと思います。