【Part2】ファースト・オーダー タイ・ファイターセット ビークルモデル 004 【スターウォーズ プラモデル】

ビークルモデル 004 ファースト・オーダー タイ・ファイターセット (VEHICLE MODEL 004 FIRST ORDER TIE FIGHTER SET)
キットの解説、完成にいたる制作過程についてレポートします。
この第二弾で、完成です。

塗装(ブラック)

前回の記事に続き、両翼の塗装を行います。
下地をグレーで塗装していて、グレーのまま残す部分をマスキングしてあります。

f:id:yamatowwiw:20171014154545j:plain

この状態でブラックで塗装します。

f:id:yamatowwiw:20171014154546j:plain

乾燥後にマスキングテープを外します。
大変だったマスキング作業が報われる瞬間です。

f:id:yamatowwiw:20171014154547j:plain

このゴミ化した大量のマスキングテープ。なんだかとても勿体無い気分になりました。
キットに合ったマスキングテープを商品化したら売れるんじゃないかなぁ。

コクピット部分の塗装

f:id:yamatowwiw:20171014154549j:plain

コクピット前面のキャノピー部分の色分けですが、シールも付いていますが曲面のためきれいに仕上がらないことが想像できます。

f:id:yamatowwiw:20171014154550j:plain

フチをグレーで着色することも考えられますが、難易度が高いため、こちらも両翼と同じように、グレーで全体を塗装した後、黒い部分だけ塗ることにします。

f:id:yamatowwiw:20171016200709j:plain

黒の塗装ですが、ウェザリングカラーのブラックでスミ入れの要領で塗装してみました。
f:id:yamatowwiw:20171105074756j:plain




塗装(レッド)

スペシャル・フォース タイ・ファイターの機体には特徴的な赤い装甲があります。
シールも付属しているのですが、曲面のためきれいに貼るのは難しいです。
この部分は親切設計でパーツが分けられています。
マスキングが不要で、2つのパーツのみ赤に塗装することで簡単に仕上がります。

f:id:yamatowwiw:20171016200708j:plain
水性ホビーカラー H86 モンザレッドを使用しました。

完成

塗装したパーツを組み、完成です。

ファースト・オーダー タイ・ファイター
f:id:yamatowwiw:20171105074758j:plain

ファースト・オーダー スペシャル・フォース タイ・ファイター
f:id:yamatowwiw:20171105074757j:plain

2機セット
f:id:yamatowwiw:20171105074759j:plain

最後に

マスキングがとても大変だったファースト・オーダー タイ・ファイター。
苦労のかいがあって、満足いく仕上がりになりました。

価格を抑えるための1色成型だとは思いますが、少し価格があがってでも多色パーツにしてほしかったなぁとは思います。

この工程で使用したツール

  • 水性ホビーカラー H53 ニュートラルグレー
  • 水性ホビーカラー H2 ブラック
  • 水性ホビーカラー H86 モンザレッド
  • Mr.ウェザリングカラーマルチブラック

以上のツールを使用しました。